月別アーカイブ: 2018年11月

菊姫・にごり酒 入荷

石川県鶴来の銘酒、菊姫の「にごり酒」が入荷してきました。
この蔵元さんは全国の蔵元が視察に訪れる蔵元で、酒造りの考え方、設備な
ど素晴らしい蔵元です。
こだわりはこの蔵元で使う全ての米は兵庫県の特A地区で収穫される最高級酒造好適米「山田錦」で中々他の蔵では多くの量の入らない「山田錦」が豊富に入り普通酒まで、この「山田錦」を使い、当然この「にごり酒」も山田錦で醸されています。

今の時期色々の「にごり酒」がスーパーなどにも並びますが裏書きをしっかり見てください、米の種類は国産米と記載、糖類や酸味料などを入れ調味料で味を整え販売されている「にごり酒」が出回っております。
価格ありきで安く販売できる製品を造るとなるとまず原料米などのコストを下げる所から始まります、味においての補いが、入れて悪い訳ではありませんが添加物で代用するのです。良い米を使えば何も添加物など入れなくても
美味しい「にごり酒」ができるはずです。

「にごり酒」は甘くて美味しいと言われる方がおりますが、本当の米の甘さですか?  それとも添加された糖類の甘さですか、それは全て裏書きに記載されています。

ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。


2018年身上起で「年忘れ新酒試飲会」開催決定

料理×酒2

2018年度収穫の愛国米を9月に蔵に運び込み蔵元は10月10日から仕込みも始まり、順調に進んでいるとの連絡を頂きました。
12月20日頃には新酒が出荷できるそうです。
毎年、「年忘れ新酒の試飲会」を楽しみにされている方が多く居られますが
参加は身上起ファンクラブ会員を始め、一般の方も申し込みをいただければ自由に参加頂けます。
今年の愛国米も素晴らしい出来でしたので美味しい新酒をお楽しみ頂ける事と思います、ぜひ多くの方の参加を御待ちしております。
ちょっと早めに来て温泉入浴もOKです。

当日の出品酒
2017年度の純米吟醸・身上起
2018年度の純米吟醸・身上起・新酒
2018年度の純米吟醸・身上起・生原酒 (限定酒)
2017年度の純米吟醸一年海水貯蔵酒 (限定酒)
2017年度の純米吟醸・身上桜

お酒は十分取揃えてあります。
上記のお酒をご自由にお飲みいただけます。

日時:  12月23日・日曜日
場所: 南伊豆町下賀茂204-2 石廊館、バーベキューハウス
炭焼きBQが用意されます。
ご自分で魚、野菜などお好きな物をご持参頂いても構いません。
会費: お一人様 3000円(当日会場にてお預かりいたします)
時間: 18時~20時

参加申込
南伊豆町商工会へ電話かメールで
0558-62-0675
メール:aoiumi@poplar.ocn.ne.jp


 

志太泉・身上起と愛山が入荷

藤枝市の志太泉酒造から純米吟醸・身上起と愛山が入荷してきました。
身上起は常時入荷してきますのでアップはしませんがこの愛山米を使った
純米吟醸は長く蔵元品切れでしたので嬉しい限りです。

この愛山米は米の溶けが早く、蔵人としては大変神経を使う米らしいですが味はコクがあり、これからの季節にはピッタリのお酒です。
ヌル燗でも味が広がり美味しく頂けます。


志太泉・純米吟醸・愛山 1.8㍑ 4104円税込

http://www.ee26.com/sake-nyuka.html

ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。

 

富士正・斗瓶取り大吟醸原酒 入荷

富士正・斗瓶取り大吟醸原酒鑑評会出品酒が入荷してきました。
この蔵は静岡県富士宮市に蔵があり真正面に富士山を大きく望む絶景は
正に富士山の真下で富士の恩恵を受け酒造りをしている蔵元さんです。
全国の蔵の中でも世界遺産をバックに此処まで絵になる蔵元さんは無いでしょう。
今の時期、斗瓶取りや原酒などが多く入荷してきますが29年度原酒ですので水を加えず新酒の香りは落ちておりますが山田錦によるフルーティな香りで
落ち着いた味の大吟醸です。

スペックから考えるとお買い得な一本です。
一年間斗瓶で冷蔵貯蔵した逸品です。

富士正・斗瓶取り29BY大吟醸原酒 500㍉  2160円


ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。

 

一人で醸す酒蔵訪問

先日遠州の酒蔵さんを妻と2人でドライブがてら尋ねた。仕事半分、遊び半分で出かけた。新幹線掛川駅前の商店街の中に行列のできる「鰻屋」さんがあるとの事で一度食べたかったからである。
何時もそうだが全国の蔵元さんを訪ねる時も、まず地元の食事処を訪ね、
その土地の食を知ってから、その土地の酒の味 を想像する事を実行している。
それは食が有ってその食材や味に地元の酒蔵さんは味を合わせているからである。新規の蔵元さんを訪ねる前には数年その蔵の酒質を見ながら、納得できた酒質になった所でお伺いし取引依頼をお願いする事にしている。

豪快な酒を出している所は太っ腹の杜氏さんが造っているだろうとか、繊細な切れのある酒を飲めば、細やかな気遣いのある杜氏さんが造っているだろうなどと想像し出向くと、まず外れない。
食べ物、飲み物は人が造る物であり、その人成りが味に現れるのは素晴らしい事であり、それが地酒の良いところではないだろうか。

尋ねた蔵元さんは遠州横須賀にある山中酒造で酒名は「葵天下」と言う。
事前に連絡はしてあったので息子さんが出迎えてくれ、挨拶後、蔵の中を案内してくれた、蔵を見る限り古い蔵だが相当量の酒を造っているだろうと想像できたが話を聴くと自分一人で造っていると言う、えーーーー
小さな蔵元さんを訪ねても4人や5人の蔵人がおり、釜屋、糀屋など分担して酒造りを行っているのが普通である。
「全て一人ですか」と聞いてみると、ハイ一人です。父親は高齢で兄がいるのですが兄は腰を痛め、殆ど造りには参加できないので頑張って一人でやっておりますと言う。でも元気な声だったので、頑張っている様子が伺えて此方も嬉しくなった。30台後半の年代かと思われますが、冬の寒い時期に話す相手もいず一人で、もくもくと酒造りに挑戦していると聞くと熱い物がこみ上げてくる。

全国的にも蔵元は減る傾向にある、それは大変な仕事だし、後継者の問題も有るだろう、でもこの蔵には是非頑張ってもらい、美味しい酒を造り続けてもらいたい。

当店にも12月初旬に入荷してきますので是非皆様「葵天下」を応援してあげてください。全国でも静岡の酒は人気のある県で、その静岡から1場の火を消さない為にも応援しなければと思います。

ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。

超限定酒・般若・純米大吟醸 入荷

静岡県島田市の大村酒造が年一度数量限定130本蔵出しされる純米大吟醸です。全量山田錦の特等米を使用し、袋搾り中取、雫取り斗瓶で一年冷蔵貯蔵した 純米大吟醸原酒です。
最高級の酒、純米大吟醸をしずく取りしていますので贅沢なお酒です。
醗酵したモロミを本来はプレスで搾るのですがこのお酒はモロミを小さな袋に入れタンクに吊るし、滴り落ちるお酒のみですので雑味も無く素晴らしいお酒になります。
毎年この時期に出荷されますが、其れを待っていたように香港のお客様から注文が入ります、それも「あれば何本でも」と言われますが、数に限りのある
お酒ですので数本で我慢して頂いております。
私も飲みたいのですが、これを待っているお客様がいると思うと一本開けて飲んでみたいのですが飲めません。

般若 純米大吟醸 1.8㍑ 10.800円

http://www.ee26.com/sake-nyuka.html


ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。

ヤンベの精酢 (米酢) 入荷

山形県の太田酢造場の活性玄米酢が入荷してきました。
山形市の東部に位置する山家(ヤンベ)地区と言いこの地で出来る酢ですのでヤンベの精酢と言われております。
太田ミチ子ばあちゃんが山形の米を使い、一人で造っていますが今や知る人が知る銘酢で、この酢でなければと言う方が全国に増え、中々手に入らない限定酢です。
昔からの製法で酢酸や調味料(アミノ酸等)等も加えていない本来の酢なのです。 柔らかでツーンとこない、味は酢の物などにも最適です、また大根漬けに何年か前は普通の酢を使っていた方に、この酢を薦めて漬かった沢庵をいただきましたが素晴らしい味の沢庵漬けができています。
この酢の味を判って頂ける方が増え一升瓶でありながら売れています。

ラベルが少し曲がって貼られていますがミチ子ばあちゃんが一人で貼っていますのでお許しください。
http://www.ee26.com/shokuhin.html


ヤンベの精酢 1.8㍑ 2566円 税込

ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。

正雪 別撰純米酒 入荷

静岡県清水区由比町の正雪が入荷してきました。
由比正雪にちなんで命名されたという静岡を代表する銘酒です。

華やかさの中に切れのあるお酒で東京などでは非常に人気の蔵です。
昔ながらに拘らず、この酒は精米歩合60%の山田錦と掛米に岩手県のブランド米「吟ぎんが」を使用しています。
新しい米にもチャレンジする姿勢が素晴らしい蔵です。
限定1.000本の限定酒です、一度「吟ぎんが」を味わってみませんか。


正雪 別撰 純米酒 1.8㍑ 2916円 税込

ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。

 

赤兎馬・芋焼酎 入荷


鹿児島県薩州濱田酒造から赤兎馬1.8㍑が20ケース入荷しました。
飲食店様の定番焼酎として東京の大形店に他の銘柄を入れて28ケースでお送りする分です。
これから忘・新年会にかけての仕入れだと思いますが、人口の多い都市部は扱い量も違いますので、此方としては嬉しいご注文です。


http://www.ee26.com/sekitoba.htm

ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。

 

おんな泣かせ・純米大吟醸 入荷

静岡県島田市、大村酒造年一度蔵出しの「おんな泣かせ」が入荷してきました。
この酒は蔵元で一年寝かせ、この時期に出荷されるお酒ですが、当店ではこの酒を毎年氷温0度の冷蔵庫で貯蔵して「古酒」として販売しております。
平成10年ぐらいの物から在庫をしております。
管理さえ良ければ「古酒」は素晴らしく変化し、マロヤカになります、ですが
どんな酒でも良い訳ではありません。
「古酒」を好むお客様も多くおられますので、喜んでもらっています。
このお酒は長年静岡の銘酒と言われているお酒です。


http://www.ee26.com/sake-nyuka.html

純米大吟醸 おんな泣かせ 1.8㍑ 4644円
純米大吟醸 おんな泣かせ  720㍉2268円

ご意見、ご感想などお寄せ頂けると嬉しいです。