「身上起」の取り組み

愛國米稲刈り(収穫祭)&田んぼライブ開催


(南伊豆の石切り場にて)

今年の愛國米収穫祭は9月8日で決定しております、今年は田んぼライブの開催も予定しております。
東京・横浜を中心に活動しているグループ「the retrospec trio」と「ひらりをん」の 2グループが参加してくれます、南伊豆が好きで、愛國米が好きで、身上起が好きで
事有るごとに南伊豆に来ている身上起ファンクラブ会員でもあるメンバーが稲刈りを楽しめる収穫祭として盛り上げてくれます。

身上起ファンクラブ会員以外の皆様の参加も大歓迎ですので多くの皆様の参加をお待ちしております。


日時: 9月8日
場所: 南伊豆町二条 成持地区 久田家(クッタ)前の田んぼに身上起のぼり旗有
下賀茂方面から妻良・子浦方面に進み136号線左側に見えます。  駐車場有り
時間:     AM9時から稲刈り、昼食とライブ開催
会員は昼食の用意あり
稲刈りから参加希望の会員以外の方はお弁当・飲み物をご用意ください。
荒天の場合は中止あり

費用:   会員以外は会場受付にて一人1000円(投銭)を徴収をさせていただきます。
当日、身上起ファンクラブ会員受付もしております。
ぜひ会員になって南伊豆の「愛國米」を盛り上げてください。
年会費 1500円(身上起720㍉1本贈呈)

お問い合わせ先
身上起ファンクラブ事務局
担当: 高橋
0558-62-0675
酒匠蔵しばさき
0558-62-0026
当日現地にいます・・携帯090-3090-4148 山本

 

 

糀甘酒  入荷


糀甘酒が入荷してきました。
製造元の手違いで入荷が遅れ多くの皆様にご迷惑をお掛けしていましたが
やっとの入荷です。今ネットなどを見ますと炊飯器で簡単に造れる甘酒など
色々有りますが甘酒は醗酵食品ですので仕込んで約15日~20日ぐらい 醗酵させてできるのが本来の糀甘酒です、それを短時間で加熱し、できあがる甘酒はすでに
酵素・酵母は熱により死滅し悪く言えばお粥です。
発酵食品を体に取り入れる事が体に良いと言われているのに加熱で造った
糀甘酒は如何なものかと思います。(酵素・酵母は℃50度ぐらいで死滅)

南伊豆産の無農薬米「愛国」を使い、一切糖類、添加剤など入れず、濃縮で
加熱殺菌などもせず「生」で販売をしております、一度スーパーなどで販売されている「糀甘酒」と飲み比べてください。
http://www.ee26.com/shokuhin.html

ご意見ご感想をお寄せ頂けると嬉しいです。

6月28日の愛国米 


 6月27日台風3号の影響で大雨警報が南伊豆に出ていました、伊豆半島を直撃する予報に昨夜から心配しておりました、朝4時に起きてみましたが雨は小降りで少し安心しました、朝さっそく田んぼを見に行って来ましたが、何も無く安心しました。

会員の皆様に心を込めて植えていただいた愛国米はスクスク育ち今40センチほどに伸びております。
稲穂はまだですが立派な稲穂を付けるために幹が育っている状態です。
会員の皆様ご安心ください、稲穂が着いたころにまたご報告いたします。

 

5月12日南伊豆町二条にて愛国米の田植え実施

恒例の南伊豆発祥の米「愛国米の田植え」を快晴の南伊豆町二条で行いました。
関東地区、伊東、下田、南伊豆と職種は様々ですが「美味しい身上起を飲みたい」という考えを持たれたファンクラブ会員40数名が集まり田植えのイベントが行われました、約2時間の田植え後、関東から来た会員の率いる音楽グループの演奏を聴き「南伊豆のぶきの会」の皆さんが造ってくれたお結びや、お味噌汁を頂き「田植えは初めて、自分の植えた稲がどんなお酒になるか楽しみ」など色々のお声が聞こえて来る中、9月の稲刈りまで無事に育ってほしいと祈りながら解散となりました。

夜は会員有志による、身上起を飲んでの打ち上げが行われます。

9月の稲刈りに参加を希望される方は当店か、南伊豆商工会にお問い合わせください。通年会員募集しております、会員には毎年身上起720㍉1本進呈します。

ご意見ご感想をお寄せ頂けると嬉しいです。

身上起・純米吟醸樽酒 入荷

 南伊豆の酒、純米吟醸・身上起一斗 樽酒が入荷してきました。
この樽酒は東京都杉並区からの発注で入荷したお酒です、5月にオリンピック
ビーチバレー、イタリアチームの合宿が杉並区内であり、歓迎レセップションで
鏡割りをし、枡酒で乾杯をするそうです。
ワインの国の人たちに日本のお目出度い時に行う鏡割りという伝統文化を体験し 楽しんで頂くイベントに我が町の酒、純米吟醸・身上起を選んで頂ける事は光栄です。
ついに「身上起」も世界の人に飲んで戴ける時がきました、きっと美味しさが判って頂けると思います。


ご意見ご感想を頂けると嬉しいです。

肴屋大ちゃん・五周年記念イベント


伊東市富戸の「肴屋大ちゃん」の五周年イベントにお声掛け頂き愛国米の生産者の
中村君と2人で行ってきました。
お集まりの皆さんは開店当初から「身上起」のファンの方々で、是非その方々に
愛国米の育成と酒造りのお話をと言うことで、お声掛けいただきました。

皆様ご夫婦で参加頂き、落ち着いた年齢の方々でしたが、「身上起」の美味しさを語る時には興奮までされて語って頂く姿を拝見すると、この酒を心から愛し、飲んで頂いていると言う事が伺われる皆様でした。

持参したお酒は「おんな泣かせ23年古酒」「菊姫純米酒」「無風大吟醸」
「泉氷鑑純米吟醸」焼酎は「古澤 麦」「くろ鮑 麦」「紫の赤兎馬」
「薩摩 桐野」でしたが、最後に「身上起無濾過生原酒」を試飲していただきましたが、やはり「身上起無濾過生原酒」は旨いと皆様のお褒めのお言葉をいただきました。
大ちゃんも料理で腕をふるい素晴らしい料理を頂きました。
料理有き、酒有きではなく、双方の素晴らしさが相まってこそ上の次元の美味しさを堪能できると言う事ですね。
このような飲食を楽しめる伊豆高原の皆様が羨ましいですね。
私は運転手でしたので、美味しい料理は頂きましたがコーラを飲んで我慢していました、「おんな泣かせ」23年古酒大好評でした。


ご意見ご感想を頂けると嬉しいです。

 

身上起純米吟醸・原酒生 入荷


藤枝市の志太泉酒造から身上起原酒生酒が入荷してきました。
原酒の生酒は搾ったお酒をそのまま瓶詰めしたカルピスで言うと薄める前の現液と思っていただけると解ると思います。
原酒以外のお酒は加水をしてアルコール度を15度~16度ぐらいに調整しています。
純米系で尚且つ原酒の生は一切の添加物なども入れませんので、その酒の持つ全てが判る味です。
美味しいお酒は原酒が美味しいと言う事が絶対条件です。


ご意見ご感想を頂けると嬉しいです。