本文へジャンプ

ここに新たな蔵が復興いたしました。
中俣合名会社の創業は明治37年です、新たに25年ぶりに復興したこだわり蔵が新たに迎えた杜氏が 黒瀬 勉杜氏です。
黒瀬杜氏一族の中でも超ベテラン杜氏で焼酎を造り続けて55年鹿児島県の各焼酎蔵にも非常に影響力のある方です。

黒瀬杜氏引退後、愛弟子の若い蔵人2人が造り上げる焼酎は先代杜氏の教えを守り、忠実に甘めの芋焼酎造り励んでいる。口いっぱいに広がる甘味のある本来のいも焼酎です。
黒瀬 務杜氏のこだわりは「辛い焼酎はだれでも造れる、甘味のある焼酎こそ俺の造る焼酎だ」と言い切ります。

黒麹仕込み 「なかまた」28度
南薩摩産「黄金千貫」を使用し、麹菌には河内黒麹ゴールドを使用し芋は焼酎造りに最適な南薩摩産の「黄金千貫」を使用しています。
一次仕込みは、「かめ壷仕込み」で二次仕込みに琺卿タンクを使用しています。
また、芋本来の味を残す為に最小限の濾過しかされていませんので無濾過に近い風味を味わう事ができます。
またアルコール28度と言うのもこの焼酎の美味しさを引き立たせる度数となっていて、じつくり時間をかけた常圧蒸留の芋焼酎です。
黒瀬 勉杜氏の集大成焼酎ともいえるバランスの良いまろやかな「甘さ」をお楽しみいただけます









甕壷貯蔵古酒 「薩摩・桐野」25度




「多くを語らず」

                 

 天魔が天使に転生する優しい時間

 300本の原酒が創業以来百十年使い続けた和甕に特別に移し替えられ、天使へ

 生まれ変わってブレンドらしく複雑なハーモニーが甕貯蔵により華やかで絶妙な香り

 に変化を遂げ、銘酒となる。

                 

                 

 長期甕貯蔵5年古酒  

 黄金千貫

 黒麹仕込み

 アルコール度 25


天魔の雫
天魔の雫は、こだわりの焼酎蔵、「中俣合名会社が、自信を持って世に送り出す本格焼酎の逸品。三種類の原酒のブレンドによるその味は、想像を超える。
まさに天使と悪魔、禁断の出会いにより醸し出される
ハーモニー。心してご賞味あれ!

頴娃紫芋仕込み・なかまた (えいむらさき芋使用)
「旨いと評判の濁り芋焼酎」

焼酎用の芋としては珍しい「浜小町」を使用。
甘い独特の香が特徴です。
単式常圧蒸留したものを甕で貯蔵しました。

新酒独特の薄濁りの状態で無濾過のまま、出荷しました。
お湯割り、ロックいずれでもおいしくいただけます
*時間が経つと無色透明になります。


有限会社 酒匠蔵・しばさき

415-0302
住所:静岡県賀茂郡南伊豆町上賀茂44-2
Tel:0558-62-0026 fax:0558-62-0044

izu@ee26.com

copyright(C) 2000 e焼酎.com sibasaki All rights reserved